岩本博行と天神の景観力

国立劇場の設計者として知られる岩本博行氏は、1959(昭和34)~1962(昭和37)年、竹中工務店九州支店設計部長をつとめ、有田焼のタイルを中心とした統一した色・素材の作品を次々と生み、自然に融け込む日本建築の伝統的な色による統一美をめざした岩本イズムの基礎をつくった。天神ビルは天神の景観形成で大きな地位を占めている。アースカラーの外壁は今では歴史を感じるが、当時は派手すぎると新聞議論になった。そのデザインは電気ビルにも継承されている。

デザイン:岩本博行 1913(大正2)~1991(平成3)

評価項目:

ふくおかの建築 (現代)


アクロス福岡

アイランドシティ「ぐりんぐりん」

アイランドシティ
「ぐりんぐりん」

天神地下街

天神地下街

キャナルシティ博多

キャナルシティ博多

福岡市立博多小学校

福岡市立博多小学校

福岡市美術館

福岡市美術館

岩本博行氏と天神の景観力

岩本博行と天神の景観力


西日本シティ銀行本店

ネクサスワールド(香椎、百道)

ネクサスワールド
(香椎、百道)

福岡大学60周年記念館

福岡大学60周年記念館

ホテル イル・パラッツォ

ホテル イル・パラッツォ

福岡銀行本店

福岡銀行本店

木下クリニック

木下クリニック